一人暮らし必要なものリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らし必要なものリスト

  

初めての一人暮らしに最低限揃えるべき「必要なものリスト」でまずあげるべきものと言えば寝具です。
というのは、
自分には、苦い経験があります。
地方の工業高校を卒業し憧れの都内の企業に就職が決まり18歳で上京しました。
住まいは、会社の寮ということでやっとの思いで場所を探し出し寮に到着。
ところが、田舎から送った寝具がまだ届いてません。
途方にくれていると、先輩が寮の管理人さんに交渉してくれて布団一式を借りることが出来ました。
田舎から送った寝具は、2日後に届きました。
それから先輩と相部屋の生活が始まりました。

余談は、さておき
初めての一人暮らしに最低限揃えるべき「必要なものリスト」について話題を変えましょう。

一人暮らしといっても
大学に入って一人暮らしを始める人、社会人となって一人暮らし始める人
住まいから自分で探してひとり暮らしを始める人
それぞれ条件が違ってしまいます。

ここからは、社会人となって一人暮らし始める人を前提として自分の体験なども交えて紹介して参ります。

言うまでもありませんが「日用品」は、引っ越したその日から必要です。

日用品

食器類
茶碗や汁椀、皿、コップなど最低1人前は揃えておきましょう。
スポンジ・食器用洗剤
スポンジと食器用洗剤は、食器洗いに欠かせないアイテムです。
トイレットペーパー
トイレットペーパーは、引越し作業中でも必要になるアイテムです。
歯ブラシ・歯磨き粉・シャンプー・ボディソープ類
身だしなみを整えるためにも、歯ブラシや歯磨き粉、シャンプー、ボディソープといったアイテムは、初日から必要となります。
タオル類
入浴後や手を洗った後に必要となるタオル。
バスタオルと普通のタオルを最低でもそれぞれ2枚は用意しましょう。

一人暮らしに最低限揃えるべき「必要なものリスト」

     
寝具
敷き布団・掛け布団・シーツ・枕は最低限必要です。
一人暮らしには、ベッド生活が最適。
照明
入居先にあらかじめ照明が付いている場合と、ない場合とがあります。
新しく購入するならLEDが経済的です。
LEDは、まだまだ高価ですが長い目でみれば電気代が安くなるし長持ちもします。
カーテン
カーテンが付いていないと室内が外から丸見えになり、防犯上良くありません。
特に女性の一人暮らしには、欠かせません。
冷蔵庫
自炊派・外食派に限らず冷蔵庫は必需品です。
たとえ、食事は外食派という方でも夏は、冷たいものがほしくなります。
外食派なら200L未満か、自炊派なら200L~300L前後がおすすめです。
洗濯機
一人暮らし向きには、洗濯容量5kg前後のサイズで充分でしょう。
もちろん、洗濯機置き場に置けるサイズの確認はしましょう。
洗濯は、もっぱらコインランドリーでという方もいらっしゃるとは思いますが 経済的な面を考えると自分で選択する方が賢明だはないでしょうか?
炊飯器
自炊派のひとには、絶対に外せないアイテムです。
まとめて炊いて、冷蔵庫に小分けをして保存すれば毎日炊かなくても済みます。
エアコン
日本の夏の暑さを考えるとどうしても欲しくなります。
経済的に余裕があれば是非検討して見ましょう。

あると便利なもの絶対に必要ではないけれども、一人暮らしであると助かるアイテム

電子レンジ
お弁当やごはんの残り物、冷凍食品を温める時に便利です。
温め機能のみのものから、オーブンレンジ機能付きのものまでさまざまな種類があるので必要な機能がついているものを選びましょう。
電子ケトル
一人暮らしの人には、絶対におすすめです。
電子ケトルなら、水を入れてスイッチを押すだけでお湯が簡単に沸き自動でスイッチが切れて火事を起こす心配がありません。
特に、カップ麺を作ったりお茶やコーヒーを入れたりする頻度が高い人におすすめです。
衣類の収納用品
靴下や下着、Tシャツ、パンツなどの衣類は、引き出しごとに分別して収納すればスッキリして取り出しやすくなります。
引越し後でもいいので、収納ケースを使う、吊るして収納するなど、自分に合った収納方法を考えてみましょう。
ハンデイワイパー
一人暮らし用の部屋はあまり広くないので、ハンディワイパーが掃除機代わりになります。
音も気にせずいつでも手軽に掃除ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です