デスクトップパソコン自作

このエントリーをはてなブックマークに追加

デスクトップパソコン自作

デスクトップパソコンを自作するというと難しそうに聞こえますが、実は思いのほか簡単です。

現役のころからデスクトップパソコンを作りはじめたお陰で、パソコンに関する事を学ぶことができました。

ただ、パソコンに使うパーツは種類が多くパーツ選びが大変な作業となります。

適切なパーツさえ揃ってしまえば組み立て作業は、簡単で決められた所にはめ込むだけや部分的にネジ止めするパーツもありますが特殊な工具などがなくてもプラスドライバーがあれば充分です。

リタイヤし5台目の自作パソコンに挑戦。

今回、windows11のシステム要件を満たすデスクトップパソコンを組み立てました。

今までの経験などを通して、パソコンに関する事を紹介します。




デスクトップパソコンの用途を決める

まずは、これから作るパソコンの使用目的を明確にすることが大事です。

使用目的が決まったら、目的を満たしてくれる性能のCPUを選びます。

CPUの性能と用途

超ハイエンドクラス
 とことんパソコンの性能を追求するエンスージアスト向け

ハイエンドクラス
 ゲームや動画編集などを快適にこなす、ゲーミング、クリエイティブパソコン向け

ミドルクラス
 ゲームや動画編集など、さまざまな作業をそこそこ快適にこなす汎用パソコン向け

ローエンドクラス
 Web閲覧やビジネスソフトの利用が中心向け
 ゲームや動画編集もある程度はできます。

CPUの専業メーカーに、Intel(インテル)やAMD(エーエムディー)があります。

intel製CPU

intelのCPUは、製品数が多く、用途や予算に応じてベストな製品を選ぶことが出来ます。
Core i シリーズが中心となっていて自分のパソコンの使用用途や予算に合わせたシリーズを選ぶことができます。

詳細は、
パソコンパーツ intel製CPU をご覧ください。

AMD製CPU

AMD製CPUは、
Ryzen(ライゼン)シリーズでリリースしています。
Ryzenの魅力は、低価格でマルチコアのCPUを手に入れることが出来る事です。
8コア/16スレッドのCPUで比較するとintei Core i9-9900Kに対してRyzen 7 3800Xの方が 同じ8コア/16スレッドながら約7000円程安くコスパの高いCPUと言えます。
また、内蔵グラフィックを搭載したRyzen(ライゼン)Gシリーズは、intelのCPUよりグラフィック性能が高いのが魅力。
軽めのゲームなら十分プレイできます。

詳細は、
パソコンパーツ AMD製 CPU をご覧ください。


デスクトップパソコンを構成するパーツ

絶対必要な主要パーツ

  • CPU
  • マザーボード
  • メモリ
  • ストレージ(SSD・HDD)
  • 電源ユニット
  • PCケース

必要に応じて追加するパーツ

  • グラフィックボード
  • CPUクーラー
  • 光学ドライブ

※グラフィックボードは、グラフィック機能が搭載されてないCPUの場合別途必要となります。
※CPUクーラーもCPUにクーラーが同梱されてない製品の場合別途必要となります。
※光学ドライブは、必須ではありませんがアプリのインストールやDVD・BDなどのビデオを鑑賞するのであれば必要となります。

ソフトウェア

  • OS(オペレーティングシステム)

周辺機器

  • モニター
  • キーボード
  • マウス
  • スピーカー

※スピーカーは、モニターにスピーカー機能がない製品の場合別途必要となります。


主なパーツを選ぶコツ

CPU

なにはなくとも必要なのが「CPU」。
CPUの規格に合わせて、マザーボードなど他のパーツも絞り込んでいきます。
また、グラフィック機能が搭載されていたり、CPUクーラーが同梱されているCPUも多いので、これらの有無で別途必要となるパーツも変わってきます。

CPUの選び方の詳細 はこちらをご覧ください。

マザーボード

マザーボードはCPUをはじめすべてのパーツを接続する重要な基板。
チップセットというCPUとほかのパーツの橋渡しをするパーツが搭載されており、CPUが対応するチップセットを搭載したマザーボードを選択するのが鉄則。

マザーボードの選び方詳細 はこちらをご覧ください。

メモリ

CPUが処理を行うときの作業領域となる重要なパーツ。
メモリには数多くの規格が存在するので、CPUやマザーボードが対応する規格の物を選択します。
また、使用目的に合わせて容量を選択するのも重要です。

メモリの選び方詳細 はこちらをご覧ください。

ストレージ(SSD・HDD)

ストレージ(SSD・HDD)は、Windowsやアプリをインストールするパーツです。
SSDは、高価ですが速度は速く一方HDDは速度が遅い分価格も安いです。
システムは、高速なSSDに、ユーザーファイルはHDDに保存という具合に両方を搭載する手もあります。

ストレージ(SSD・HDD)の選び方詳細 はこちらをご覧ください。

電源ユニット

すべてのパーツに電力を供給するパーツ。
一部のケースには電源が付属するものもあるが、ほとんどのケースは別途電源ユニットが必要となります。
搭載するパーツの総消費電力の容量(ワット)をクリヤする物を選びます。

電源ユニットの選び方詳細 はこちらをご覧ください。

PCケース

すべてのパーツはPCケースに収納します。
いくつかのサイズの規格があり、マザーボードの規格に合ったケースを選びます。
書斎やリビングなどに置いて常に目につくのでデザインにも気を配りましょう。

PCケースの選び方詳細 はこちらをご覧ください。

グラフィックボード

グラフィック機能が搭載されてないCPUの場合別途必要となります。
また、ゲミングパソコンを組む時などは、高性能なグラフィック機能が必要となります。

グラフィックボードの選び方詳細 はこちらをご覧ください。

CPUクーラー

CPUにCPUクーラーが同梱されてないCPUを選択した場合、別途単体のCPUクーラーが必要となります。
オーバークロックを行うときなど冷却性能を高めたいときにも必要です。
また、LED搭載のCPUクラーにしてみても楽しいかも。

CPUクーラーの選び方詳細 はこちらをご覧ください。


必要な工具

  • ドライバーセット
  • ラジオペンチ
  • ニッパーまたは、ハサミ
  • 結束バンド(耐熱性)
  • ネジセット
メモ
ネジは、通常パーツに付属していますので絶対に必要と言うわけではありませんが。
ネジセットがあると重宝する場合もあります。

組み立て作業における注意点

デスクトップパソコンを作る事自体は、そんなに難しいことではありません。
これから5台目のデスクトップパソコンを組んだ時の流れを紹介します。
パソコンは、精密な電子部品で成り立っており取り扱いに注意が必要です。

以下の項目を確認しておきましょう。

組み立て作業における注意点

マザーボードの取り扱い要領

組み立て手順

1.起動テストの準備

起動テストを行うには、必要最低限のパーツのみで行います。

起動テストを行う最小限のパーツ

  • CPU
  • マザーボード
  • メモリ
  • グラフィックボード
  • 電源ユニット
  • ATX電源スイッチ
  • ブザー
  • モニター
  • キーボード
  • マウス

※自分が選んだCPUは、グラフィック機能を搭載してない製品にの為、別途購入しました。

まず、マザーボードが入っていた箱の上にマザーボードが入っていた袋をのせその上にマザーボードをのせます。


①CPUを取り付ける

CPUのソケットカバーを開けます

カバーの右側のレバーを矢印の方にスライドしてロックを解除しカバーを持ち上げてカバーを開けます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUの取り付方説明画像1枚目

CPUの切り欠きを確認しておきます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUの取り付方説明画像2枚目

切り欠きを確認したらCPUをそっとつまんでCPUソケットの突起とCPUの切り欠き部を合わせて乗せます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUの取り付方説明画像3枚目

CPUを設置したらレバー降ろします

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUの取り付方説明画像4枚目

レバー降ろしロックすると保護カバーが自動的にはずれます。

保護カバーは、マザーボードを修理に出したりする時必要となるので保管しておきましょう。


②メモリを取り付ける

デュアルチャンネルメモリ設定を最大限に有効にするには、同一(同じブランド、同じ速度、同じサイズ、同じチップタイプ)のDDR4 DIMMを1組取り付ける必要があります。

マザーボードのメモリスロットにメモリを取り付ける優先順序があります。

マニュアルを確認しマニュアルに従い取り付けて行きましょう。

参考までに自分が購入したマザーボードでは、

デュアルチャンネルメモリ設定

優先順位  DDR4_ A1 DDR4_A2  DDR4_B1  DDR4_B2 
 1    実装済み     実装済み
 2   実装済み     実装済み  
 3   実装済み   実装済み   実装済み   実装済み

それでは、マニュアル順に取り付けていきます。

まずは、マニュアルでメモリスロットの位置を確認しておきます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 メモリの取り付方説明画像1枚目

一枚目をマザーボードのDDR4_A2 スロットに差し込みます

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 メモリの取り付方説明画像2枚目

二枚目をマザーボードのDDR4_B2 スロットに差し込みます

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 メモリの取り付方説明画像3枚目

差し込み方法

差し込むべきメモリスロットの、メモリを留めるロックを上から押して外しておく。

メモリの切り欠きとスロットの突起を合わせてメモリ上から差し込みます。

正しく差し込めば自動的にロックされます。 

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 メモリの取り付方説明画像4枚目

※ASRock H570 Phantom Gaming 4 マニュアルより引用


③ATX電源スイッチ&ブザーの接続

ATX電源スイッチは、マザーボードのシステムパネルヘッダー(PANEL1)のパワースイッチの端子へ

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像1枚目

ブザーは、マザーボードのスピーカーヘッダー(SPK_PLED1)のスピーカーの端子へ

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像2枚目

④マザーボードに電力を供給するケーブルの接続

電源ユニットの24ピン12V ATXケーブルをマザーボードのATX電源コネクタ(ATXPWR1)に装着します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像3枚目

電源ユニットの8ピン12V 補助電源ケーブルをマザーボードのATX 12V(ATX12V1)へ

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像4枚目

⑤グラフィックボードの取り付け

今回、購入したCPUは、グラフィック機能を搭載してないのでグラフィックボードが必要。

マザーボードのPCIE1(PCle4.0×16スロット)スロットに装着します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像5枚目

⑥モニタ・キーボド・マウスの接続

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像6枚目

2.起動テスト

電源ユニットを家庭用のコンセントに接続し電源ユニットのスイッチを-側に押し込みATX電源スイッチを押す

ここでブザーの役目登場

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像7枚目

UEFI BIOS ビープ音のパターン   エラーの内容
短いビープ1回  グラフィックボード検出(正常起動)
クイックブート設定が無効
キーボード検出エラー 
長いいビープ一回+短いビープ2回
同じパターンで繰り返し
メモリ検出エラー
長いいビープ一回+短いビープ3回  グラフィックボード検出エラー 
長いいビープ一回+短いビープ4回  ハードウェアエラー 

※自作PC 自由自在 令和2年版から引用

しばらくしてモニタの画面にUEFI セットアップ画面が表示されたら成功です。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像8枚目

※この段階では、電源はいつ切っても問題ありません。

3.CPUクーラーの取り付け

CPUとメモリ以外は、一旦取り外し箱の上で作業をします。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像1枚目

本来は、CPUの中央に放熱グリス(小豆粒程度)をチュブより絞り出して乗せるのですが

今回、自分が選んだCPUにはCPUクーラーが付属しており放熱グリスが予め施されていました。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像1枚目

①マザーボードのCPUクーラー取り付け穴を確認

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像2枚目

②CPUクーラーのプッシュピンの頭の矢印が4か所とも外側になっているか確認。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像3枚目

③先ほど確認したマザーボードのCPU取り付け穴にCPUクーラーのピンを入れ上から押します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像4枚目

④マザーボードの裏側からみてピンの先が穴に確実に入っているか確認をしておきましょう。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像5枚目

⑤CPUクーラーから伸びているケーブルをマザーボードのCPUファンコネクタ(CPU_FA1)に接続する。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 CPUクーラーの取り付方説明画像6枚目

4.PCケースの準備

①PCケースの背面側の側面カバーを留めているネジを外し両方の側面カバーを外します。
②マザーボード付属のバックパネルシールドをPCケースの背面の窓にはめこみます。

後側から見てバックパネルシールドの爪が窓の外にでてるか確認

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 PCケースの準備の説明画像1枚目

③マザーボードを入れてみてバックパネルシールドの穴と端子が合っているか確認。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 PCケースの準備の説明画像2枚目

④マザーボードのネジ穴とPCケースのスペーサ位置の確認

自分の場合1か所スペーサ漏れがあり追加して取り付けました。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 PCケースの準備の説明画像3枚目

5.PCケースの前面から出ているシステムパネルコネクタのケーブルをマザーボードのシステムパネルヘッダー(PANEL1)に接続します。

マニュアルを見て、POWER SW・POWER LED・RESET SW・HDD LED のケーブル端子を所定の位置に配線します。

※ケーブルには、極性があり▼印の方が+又は色の明るい方が+です。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像9枚目

※画像は、ASRock H570 Phantom Gaming 4 マニュアルより引用

前工程のCPUクーラーを取り付けた状態を箱ごとPCケースを寝かせた上に乗せて作業します。

PCケースに入れてからこの配線作業は過去の経験により配線しずらいので自分はこの方法をとっています。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像10枚目

6.マザーボードをPCケースに取り付ける

①先ほどの作業をしていた箱を外し、後ろ側が高くなるように斜めにしPCケースのバックパネルシールドにマザーボードのIOパネルを押し込むようにして入れます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 マザーボードをPCケースに取り付ける説明画像枚目

②9か所のネジでPCケースにネジ止めします。

ネジは、いきなり締めずに9か所にネジを入れ4隅を対角線状に仮止めし残りのネジも仮止めが終わったら増し締めします。

7.配線作業

①PCケースの前面からでている USBケーブルをマザーボードのUSB3.2 ヘッダーに配線します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 配線作業の説明画像1枚目

②PCケースの前面からでているHD AUDIO ケーブルをマザーボードのフロントパネルオーディオヘッダーに配線します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 配線作業の説明画像2枚目

③PCケースについているファンケーブルをマザーボードのシャーシファンコネクタに接続します。

画面左が後ろのファンから、右側が前のファンのケーブル

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 配線作業の説明画像3枚目

8.電源ユニットを取り付ける

①PCケースの後ろ側の下部にファンが下側になるよう置く。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 電源ユニットを取り付けるの説明画像1枚目

②PCケースの後ろ側から電源ユニットに付属のネジで止めます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 電源ユニットを取り付けるの説明画像2枚目

9.電源ユニットからマザーボードに電力を供給するケーブルの接続

①電源ユニットから出ているケーブルの確認

画像①は、24ピン12V ATXケーブル
画像②は、8ピン12V 補助電源ケーブル
画像③は、ストレージ(SSDやHDD等)に電力を供給するSATA電源ケーブル
画像④は、PCI Express に取り付けたパーツに電力を供給するケーブル

※自分が購入した電源ユニットの画像④には、Express 6+2 Pin(PCI) のタグが付いていました。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 電源ユニットからマザーボードに電力を供給するケーブルの接続の説明画像1枚目

②電源ユニットの24ピン12V ATXケーブルをマザーボードのATX電源コネクタ(ATXPWR1)に装着します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 電源ユニットからマザーボードに電力を供給するケーブルの接続の説明画像2枚目

③電源ユニットの8ピン12V 補助電源ケーブルをマザーボードのATX 12V(ATX12V1)に装着します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 電源ユニットからマザーボードに電力を供給するケーブルの接続の説明画像3枚目

10.SSDを取り付ける

①2.5インチベイからドライブトレイを引き出しドライブトレイにSSDを皿小ネジで止めます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 SSDの取り付け方の説明画像1枚目

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 SSDの取り付け方の説明画像2枚目

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 SSDの取り付け方の説明画像3枚目

※自分の購入したSSDには、この皿小ネジが付属してなく旧PCから流用しました。
 たかが、こんなネジでもなければ作業が一時ストップしてしまいます。

②SSDを取り付けたドライブトレイを元の位置へ押し込みます。

11.HDDを取り付ける

①2.5インチベイからドライブトレイを引き出しドライブトレイにHDDの横の穴とドライブトレイの突起を合わせて挟み込みます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 HDDの取り付け方の説明画像1枚目

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 HDDの取り付け方の説明画像2枚目

②HDDを取り付けたドライブトレイを元の位置へ押し込みます。

12.光学ドライブを取り付ける

①光学ドライブは3.5インチベイに取り付けるためフロントパネルのドライブベイカバーを取り外します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 光学ドライブの取り付け方の説明画像1枚目

②ベイカバーを取り外した3.5インチベイに光学ドライブを正面から押し込みます。そうするとカチッと音がして固定されます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 光学ドライブの取り付け方の説明画像2枚目

※自分は念の為、右側面の4か所でネジ止めをしました。

SSD・HDD・光学ドライブに配線する段階で判明したのですが光学ドライブに配線するSATA電源ケーブルが届かず2段目に光学ドライブを装着しなおしました。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 光学ドライブの取り付け方の説明画像3枚目

13.グラフィックボードを取り付ける

①グラフィックボードは、マザーボードのPCIE1(PCle4.0×16スロット)スロットに装着しますのでその位置を確認。
②その位置にグラフィックボードをあてがい外すべき拡張スロットカバーを定めて予め外しておきます。
③マザーボードのPCIE1(PCle4.0×16スロット)スロットのロック押してロックを外します。
④グラフィックボードの端子の切り欠きとマザーボードのスロットの突起を合わせて上から押し込みます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 グラフィックボードの取り付け方の説明画像1枚目

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 グラフィックボードの取り付け方の説明画像2枚目

デスクトップパソコン自作 組み立て手順 グラフィックボードの取り付け方の説明画像3枚目

※今回自分が、購入したグラフィックボードは補助電源を必要としないパーツでした。

14.SSDに配線する

①SSDのSATA電源コネクタに電源ユニットのSATA電源ケーブルを接続
②SATAケーブルをSSDのSATAコネクタ接続し片方をマザーボードのSATAポート(SATA_0)に差し込みます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像11枚目

15.周辺機器の接続

①モニタ・キーボド・マウスの接続

※モニタのHDMIケーブルは、グラフィックボードのHDMIポートに接続します。

16.起動

①電源ユニットのスイッチを-側に押し続いてフロントパネルの電源スイッチを押す。
②キーボードの「DEL」キーを連打してモニタに「UEFI」画面が表示されます。
③「UEFI」画面でSSDが認識されていることを確認し変更を保存し終了します。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像12枚目

17.Windows 10 のインストール

①予め作成しておいたWindows 10 インストール メディア「USB」をPCのUSBポートに挿入
②PCを起動しすぐにキーボードの「DEL」キーを連打するとモニタに「UEFI」画面が表示されます
③「UEFI」画面で先ほどの「USB」が認識されてるかを確認する
④起動順位一番をWindows 10 インストール メディア「USB」にする
⑤保存&終了
⑥しばらくするとUSBメモリから読み込まれ起動しますので指示に従いWindows 10 のインストールを完了させる。

※自分の場合、起動順位が二番に表示されていたのでドラッグ&ドラッグで上に移動する事で起動順位を一番にできました。
「UEFI」の操作は、マニュアルで確認してください。

メモ
1.予めインターネットにアクセスできる環境(ランケーブルは挿入)にしておきます。
2.マイクロソフトのアカウント情報・Windows 10のプロダクトキーなど用意しておきます。
3.できることなら万が一の為にサブマシンがあればなお良いです。

18.HDDに配線する

①HDDのSATA電源コネクタに電源ユニットのSATA電源ケーブルを接続
②SATAケーブルをHDDのSATAコネクタ接続し片方をマザーボードのSATAポート(SATA_1)に差し込みます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像13枚目

19.光学ドライブに配線する

①光学ドライブのSATA電源コネクタに電源ユニットのSATA電源ケーブルを接続
②SATAケーブルを光学ドライブのSATAコネクタ接続し片方をマザーボードのSATAポート(SATA_2)に差し込みます。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像14枚目

20.PCケースの内部のケーブルを見た目がいいように耐熱リピートタイで結束します

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像15枚目

21.PCケースに両サイドのパネルを取り付けて完成

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像16枚目

22.ドライバのインストール

①マザーボードのドライバは、マザーボードに付属のDVDからインストール。
②グラフィックボードのドライバは、メーカーサイトよりダウンロードしてインストールしました。

22.Windows 11 へのアップデート

Windows11の最新バージョンのダウンロード先 マイクロソフト公式サイト

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

にアクセスします。

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像17枚目

今すぐダウンロードをクリックします。

後は、指示に従って進行するとWindows 11 へのアップデートの完了です。

起動した直後の画像

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像18枚目

ログイン後の画像

デスクトップパソコン自作 組み立て手順説明画像19枚目