デスクトップパソコン自作 メモリの取り付け方

このエントリーをはてなブックマークに追加

メモリの取り付け方

デュアルチャンネルメモリ設定を最大限に有効にするには、同一(同じブランド、同じ速度、同じサイズ、同じチップタイプ)のDDR4 DIMMを1組取り付ける必要があります。

マザーボードのメモリスロットにメモリを取り付ける優先順序があります。

マニュアルを確認しマニュアルに従い取り付けて行きましょう。

参考までに自分が購入したマザーボードでは、

デュアルチャンネルメモリ設定

優先順位  DDR4_ A1 DDR4_A2  DDR4_B1  DDR4_B2 
 1    実装済み     実装済み
 2   実装済み     実装済み  
 3   実装済み   実装済み   実装済み   実装済み

それでは、マニュアル順に取り付けていきます。

まずは、マニュアルでメモリスロットの位置を確認しておきます。

デスクトップパソコンを自作する時のメモリの取り付け方 説明画像1枚目

一枚目をマザーボードのDDR4_A2 スロットに差し込みます

デスクトップパソコンを自作する時のメモリの取り付け方 説明画像2枚目

二枚目をマザーボードのDDR4_B2 スロットに差し込みます

デスクトップパソコンを自作する時のメモリの取り付け方 説明画像3枚目

差し込み方法

差し込むべきメモリスロットの、メモリを留めるロックを上から押して外しておく。

メモリの切り欠きとスロットの突起を合わせてメモリ上から差し込みます。

正しく差し込めば自動的にロックされます。 

デスクトップパソコンを自作する時のメモリの取り付け方 説明画像4枚目

※ASRock H570 Phantom Gaming 4 マニュアルより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。