デスクトップパソコン用 チップセットの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

チップセットの選び方

チップセットは、
CPUと各パーツとのデータの橋渡しをします。
そして、チップセットはマザーボードに組み込まれており規格があります。
CPUのソケットにマザーボードのチップセットが対応してなくてはなりません。
それを間違えると装着できなかったり装着できても動作しません。

Intel製のCPUには、Intel製のチップセットを搭載したマザーボードを選ぶことが必須条件です。
同様に、AMD製CPUにはAMD製のチップセットを搭載したマザーボードを選びます。

つまり
CPUのソケットとマザーボードのチップセットがお互いに対応していなくてはなりません。

チップセットを選ぶポイントは、

CPUのソケットとマザーボードのチップセットが対応しているかの確認。
オーバークロック(OC)対応の有無。
RAIDを対応の有無。
PCI Express数
USB3.1のサポート数
USB3.0のサポート数

Intel製のチップセットの選び方

Intel製のCPUのソケット形状は「LGA1151」です。
対応するチップセットに、Z390、B365、Z370、H370、B360、H310があります。

Intel製CPUと対応チップセットの表

CPUの世代 ソケット 対応チップセット
第9世代 Core i シリーズ
(Coffe Lake Refresh) 
 LGA1151
 Z390、B365、Z370、H370
B360、H310
第8世代 Core i シリーズ
(Coffe Lake)

※第9世代CPUでZ370、H370、B360、H310 チップセット搭載のマザーボードの場合BIOSのアップグレードの必要な場合があります。

Intel製チップセットは、性能の違いなどで3種類に分けることができます。

第1部類
Z390・Z370

メモリ最大容量 64GB
オーバークロック対応:有り

第2部類
H370・B365・B360

メモリ最大容量 64GB
オーバークロック対応:無し

第3部類
H310

メモリ最大容量 32GB
オーバークロック対応:無し

AMD製チップセットの選び方

AMD製のCPUのソケット形状は「AM4」です。
対応するチップセットに、X570、X470、B450、X370、B350があります。
※X370、B350チップセット搭載のマザーボードの場合BIOSのアップグレードの必要な場合があります。

AMD製のチップセット(X570、X470、B450、X370、B350)の性能
メモリ最大容量 64GB
オーバークロック対応:有り
RAID対応:有り

AMD製CPUとチップセットの対応表

   X570  X470 B450   X370  B350
第3世代 Ryzen  〇   〇 〇  (要BIOSアップデート)   (要BIOSアップデート)
第2世代 Ryzen Gシリーズ   〇 〇 
第2世代 Ryzen  〇 〇  〇 
第1世代 Ryzen Gシリーズ × 〇 
第1世代 Ryzen  ×  〇 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。