デスクトップパソコンの主なパーツを選ぶコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

主なパーツを選ぶコツ

CPU

なにはなくとも必要なのが「CPU」。
CPUの規格に合わせて、マザーボードなど他のパーツも絞り込んでいきます。
また、グラフィック機能が搭載されていたり、CPUクーラーが同梱されているCPUも多いので、これらの有無で別途必要となるパーツも変わってきます。

CPUの選び方 はこちらをご覧ください。

マザーボード

マザーボードはCPUをはじめすべてのパーツを接続する重要な基板。
チップセットというCPUとほかのパーツの橋渡しをするパーツが搭載されており、CPUが対応するチップセットを搭載したマザーボードを選択するのが鉄則。

マザーボードの選び方 はこちらをご覧ください。

メモリ

CPUが処理を行うときの作業領域となる重要なパーツ。
メモリには数多くの規格が存在するので、CPUやマザーボードが対応する規格の物を選択します。
また、使用目的に合わせて容量を選択するのも重要です。

メモリの選び方 はこちらをご覧ください。

ストレージ(SSD・HDD)

ストレージ(SSD・HDD)は、Windowsやアプリをインストールするパーツです。
SSDは、高価ですが速度は速く一方HDDは速度が遅い分価格も安いです。
システムは、高速なSSDに、ユーザーファイルはHDDに保存という具合に両方を搭載する手もあります。

ストレージ(SSD・HDD)の選び方 はこちらをご覧ください。

電源ユニット

すべてのパーツに電力を供給するパーツ。
一部のケースには電源が付属するものもあるが、ほとんどのケースは別途電源ユニットが必要となります。
搭載するパーツの総消費電力の容量(ワット)をクリヤする物を選びます。

電源ユニットの選び方 はこちらをご覧ください。

PCケース

すべてのパーツはPCケースに収納します。
いくつかのサイズの規格があり、マザーボードの規格に合ったケースを選びます。
書斎やリビングなどに置いて常に目につくのでデザインにも気を配りましょう。

PCケースの選び方 はこちらをご覧ください。

グラフィックボード

グラフィック機能が搭載されてないCPUの場合別途必要となります。
また、ゲミングパソコンを組む時などは、高性能なグラフィック機能が必要となります。

グラフィックボードの選び方 はこちらをご覧ください。

CPUクーラー

CPUにCPUクーラーが同梱されてないCPUを選択した場合、別途単体のCPUクーラーが必要となります。
オーバークロックを行うときなど冷却性能を高めたいときにも必要です。
また、LED搭載のCPUクラーにしてみても楽しいかも。

CPUクーラーの選び方 はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。